--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-12

毎日晴天!(原作/菅野彰)

毎日晴天!1
<CAST>
帯刀大河(楠大典)、阿蘇芳秀(金丸淳一)、阿蘇芳勇太(内藤玲)
帯刀真弓(竹内順子)、帯刀明信(私市淳)、帯刀丈(岩田光央)


 帯刀家に、長女の婿として突然養子連れでやってきた阿蘇芳秀(金丸)。秀は、大河(大典)の高校時代の友人で、現在の担当作家。長女は、原稿が終わらなかった秀を残して1人南米へ行ってしまう。そのまま帰らない宣言の末、帯刀兄弟5人+2人の同居生活が始まった。
 ドタバタながらも同居生活はうまくいっていた。反対しているのは大河だけ。理由は、大河の秀への気持ちにあった。高校時代、大河は秀を抱こうとした。それに応えて秀が腕を回した途端、大河は秀を拒否。それから、大河は二度と口をきかなくなった。それなのになぜ、自分の姉と結婚難かしたのか。そう問い詰めた大河に、秀は「待っていたら良かったのか」と強い口調で言う。口論は、やりとりを聞いていた帯刀兄弟+勇太に止められた。
 大河と秀は、勇太の計らいでお互いの気持ちを話し合い、仲直り。しかし、秀の籍が入ってないことがばれ、秀は雨の中飛び出した。根の深い秀の臆病は、自分にはどうにもしてやれないと勇太。まだ諦めてないのなら頼むと、勇太は大河に秀を託した。
 秀は、結婚騒動の事情を全て大河に話す。そして晴れて2人はカップルに。



 毎日晴天!はとてもお気に入りのシリーズ。CDで満足してしまっていて原作未読ですが、機会があったら揃えたい作品です。CD3巻の次男・明信(私市)と花屋の龍(一条)カプも好きですが、大河兄(大典)と秀(金丸)の第1巻が、一番繰り返し聞いてるかもしれない。ドタバタほろりなホームコメディ加減に、心が休まります。大河と秀の色恋問答で、シリアス一直線に行くかと思ったら、兄弟+1出現で落とす。展開マンガだけど、それが好き。

 金丸さんはサイバーフォーミュラのハヤトのイメージが強くて、私の中では、THE 少年(それも余り好みではない方)だったので、「毎日晴天!」を初めて聴いた時、感心してしまった。穏やかで優しいのだけど、根底は臆病で不安定でという秀のキャラが、説明が入る前から見えました。冷静を装いながらも、かすかに震える声とか。最近は、金丸さんの声をTVなどで余り聞かなくなっているけど、年若く見える繊細な青年役とか聞いてみたい。セイビの傲慢ゼウス様もいいけどね。
スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

あいさん こんばんは!

コメントありがとうございます~。CDいいですよ。勇太(内藤玲)×末っ子(じゅんじゅん)の2巻はホロリときます。まだ聞いてないのですが、その2人メインの6巻は泣けると噂! 聞いたら感想UPしますね♪

采さん、こんばんは!

原作のコミック、偶然ですが昨日読んだところでした。
あいは采さんと逆でCDが未聴なんです。采さんの記事を読ませていただいたら、ぜひ聴いてみたくなりました♪
告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。