--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-19

シナプスの柩Ⅰ(原作/華藤えれな)

復帰宣言してからはや一ヶ月。途中でPCがイカれてデータが吹っ飛び等々あり、すっかりやる気をそがれておりました。おまけに、しばらく新たに毎日別の仕事で出勤することになり……言い訳です(笑) とにかくホントによーやく本復帰、になるといいなー。。。

よりどりみどりの中から選んだのは、発売から随分経っている、コニノジの名作「シナプス」。ものすごい期間寝かせました;; 原作は読みながら涙しました。もともと厚めの上下巻だし、医療サスペンス要素を含む内容。1冊ずつとはいえCD1枚に収めるには大変なんじゃ?と思っていましたが、メイン2人の心情にスポットをあて、何とかまとめたという印象でした。文章で読んだときの静謐な雰囲気は、まんま再現されていました。今回、改めてⅠとⅡを続けて聴くと、感慨もひとしお。萌えというより、ドラマを堪能したい作品です。まぁ、萌えもあるっちゃあるんですけどね。

シナプスの柩 Iシナプスの柩 I
(2007/07/25)

サイバーフェイズ


<CAST>
桐嶋水斗(野島健児)、樋口洋一郎(小西克幸)、海堂(千葉一伸)
長山教授(うすいたかやす)、小笠原=樋口の恩師(前島貴志)
沢井主任(加藤将之)、研修医(田坂秀樹)、桐嶋豊(高田べん)

 学生時代に両親を亡くし、天涯孤独となった桐嶋水斗(健児)。心臓外科医だった父の同僚・長山教授(うすい)の援助を受け、長山(うすい)の元で、心臓外科講師を務めるまでになっていた。実際は、援助の見返りとして、長山に求められるまま、頭脳と身体を差し出す日々。水斗の精神は、限界に近付いていた。

 そんなとき、才能と実績を兼ね備えた敏腕外科医の樋口(小西)が、水斗(健児)の前に現れる。水斗(健児)は、NYでの実績を持つ樋口(小西)の手を借り、医師として渡米することを考え、樋口(小西)もまた、水斗(健児)に協力する。次第に、樋口に惹かれ始める水斗。しかし、自由を得るための目論見は、長山自身の手によって握り潰された。その上、樋口に長山との関係を見られてしまう。樋口が差し出した手を取ることもできず、絶望の中、水斗(健児)は嵐の夜に身を投げた。

 水斗は、運良く一命を取り留める。しかし、一週間後、目を覚ました彼は、かつての桐嶋水斗ではなかった――。
 気に入った原作が、まさに激ツボなキャスティングでドラマCD化してくれた、個人的に大変ありがたい作品でした。原作自体は、CDのキャスティング発表で知ったんですが、発表前に読んでいても、水斗=ノジは確信していたと思います。そして、ノジと来たらコニタン。いやもうホント、ピッタリ! というか、もとから好みってのもあって、コニノジCDは個人的にほぼ100%当たりなんですけどね♪

 約74分の「Ⅰ」の本編に収録されているのは、原作上巻の途中、湖のシーンまで。みーちゃん@ノジが、湖の底に眠る水斗を呼びにいこうとする、印象深いシーンです。原作下巻が、本編と番外編の半々だったので、長さ的にちょうど良い所で分けた感じでしょうか。水斗が身を投げるまでを、全体の4/7を使ってじっくりと描いています。進行は水斗@ノジのモノローグで。ここまでで充分にドラマチックな展開ですが、ストーリー的にはまだ入り口。先が長いことが分かっているので、ちょっと一息つきたくなったりも。
残り7/3では、樋口とみーちゃんの生活がメイン。水斗の意識が眠ってしまったところで、モノローグも樋口@コニに交替します。原作でもそうでしたが、視点の交替がスムーズで、感情移入しやすかったです。

 前半はひたすらシリアス。権力者の寵愛を一身に受けているせいで、それこそ身をも頭脳も投げ出してのことなんですが、妬みと蔑みも集めまくります。もう不幸ちゃん一直線。そんな状況で、繊細な心を押し殺してクールに振る舞う水斗@ノジは、非っ常に魅力的(*´∀`) また、悪辣奉行な長山教授@うすいの執着心粘着嫌らしさが良いのです。原作の、長山@うすいと水斗@ノジの濡れ場は、かなりの萌えシーン。CDでは、水斗@ノジではかなり流した感じになっていましたが、ここは、ネットリとしつこく強制的に快楽を呼び出され、堕ちてゆく水斗@ノジの様を妄想で脳内補完しておくのが良いかと思います(笑)。

そして、絶望の水斗@ノジ! 暗い呟きが◎。駆け寄る樋口@コニタンの姿を目に認めながら、自ら絶望へ落ちてゆく。窓から身を投げたときの儚い、泣いているような笑みが見える。この辺、ものすごい切ないんですが、心的には萌えて萌えて(*´∀`) クラクラきました。

 後半は、背景はシリアスながらも、愛くるしいみーちゃん@ノジと、そのみーちゃんに振り回されっぱなしな樋口@コニのやりとりが大変微笑ましい。目元口元が緩んでしまいます。子供と言っても、肉体年齢は変わらないわけですから、声の“音”自体は水斗のときと同じ。声音の変えているんだけど不自然さがなく、作った幼声じゃないのが、リアルな感じがします。初期の舌っ足らずで無邪気で傍若無人な喋り方が、もー可愛いくてしょうがない。

そんなほのぼの子育て生活の中に、濡れ場と言えるかどうか、キスと未遂シーンがあります。そういうシーンがあったこと自体忘れていたので、ちょっと驚いた。

飴玉は舐めて溶かすものだということをミナト@ノジに教えるため、樋口@コニは、ミナトの口に含ませた飴玉に、自分の舌を絡ませます。このときのノジの「…んっんん、ハぁ…」が、エロい。ただね、一般的に見れば全然かわいいものなんですが、相手が幼子だからですかね、卑猥というか、うわぁぁぁヽ(;´Д`)ノ て感じ。

で、「じゃあ洋ちゃんと一つになりたい」なんて無邪気に言っちゃうミナト@ノジにイラっとした樋口@コニは、「じゃあ本物を感じさせてやるよ」とか何とか言って襲おうとします。でもねー、肉体は大人でも精神が子供じゃないですか。BL的には、本気で嫌がりつつも、躰は反応してしまい~~てのは、まさにBL的萌えなんですが、子供なんで本気で怖がるわけですよ。なんで、マジショタNGな私としては、大変後ろめたかったです。

 ラストシーンは樋口@コニのモノローグ。

 今夜は雪が降るだろう。全てを覆い尽くすような、真っ白な雪が。静かに――。

静かなピアノのメロディでEND。遠い目で湖の底の水斗を思うミナト@ノジの表情が見えるような、いい終わり方でした。ここまでは。。。ですが……!フリト、これはいらんかった。なぜもーちょっと曲を流して余韻に浸らせてくれないのでしょーか。そんなハイテンションで「ハイっ!というわけでー」なんて、思いっきり戻さなくても。収録時間の関係とかあるんでしょうけど、どーせ2分足らずのキャストトークなら、モノローグ&EDミュージックで締めて欲しかった。本編と別に聞くなら、別に○な内容ではあったんですけど。でもねー「II」に続くんだし、だったらこれこそ全サのノンカットフリトCDにすればいいじゃないですか。総額考えると割高ですけど、それは欲しい人だけ応募すればいいんだし。と、ちょっと文句。

それから、もう何度聞いたか分かりませんが、改めて聞くと、やはりボリュームある内容なんで、どうしても説明的モノローグ&会話になりがち。原作未読だと、ちょっと忙しく感じるんじゃないかと思いました。既読だと、好きな作品だけに評価が甘くもなるし、自動脳内補完で楽しめるんですけど。

全く触れずに終わるところでした。海堂先生の一伸さんは、大らかで柔らかい感じで好印象。んー、お兄さん声? 役者っぽい声というのか、アニメ的でないイイ声というのは、リアルで良いですね。

余り時間を開けないうちにIIの感想もUPしたいなー。。。
スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時代に住...

【告白】奥菜恵 ニャンニャンのウラガワ・・・

“魔性の女”奥菜 恵が衝撃的な自叙伝を引っさげて芸能界に復帰する。 昨年5月に所属事務所を離れ、休業していた女優奥菜恵(28)がフォ...

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時...

小野真弓、際どいシーン満載で大騒ぎの写真集!

タレントの小野真弓(26)が新しい写真集、「ONO no KOMACHI」の発売記念イベントを行った。自分の手形の石こうで胸を隠すなど際どいショットが満載。「ちょっと動かすだけで(見えそうになって)大騒ぎでした」と撮影を振り返った。 そんな騒いでいた小

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。