--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-12

疵<SCANDAL>(原作/かわいゆみこ)

BE×BOY CDコレクション疵〈スキャンダル〉BE×BOY CDコレクション疵〈スキャンダル〉
(2002/08/31)
イメージ・アルバム、小杉十郎太 他

商品詳細を見る

 高級官僚同士のハードロマンス。激シリアス、かつ、大変アダルティックです。なんたって、メインCPが小杉さん×増谷さん。濃ゆいとしか言えませんww 私の中では、増谷さんと言えば桐ノ院。その増谷さんがここで演じてるのは、乱れる誘い受けです。余りの違いに想像が全くできず、最初聴いた時はどうなることかと思いましたが、これがまた、非常にクる(*´∀`)。賛否両論だとは思うんですが、私は大讃辞の方。オヤジ好きな方に、ぜひオススメしたい。と言っても、桐原のキャラ自体は、全くオヤジじゃないですけどね。

<CAST>
桐原晃司(増谷康紀)、司馬彰典(小杉十郎太)、有賀祐介(一条和矢)
桐原弥生(中村千絵)、桐原英輔(秋元羊介)、篠田雄一郎(宝亀克寿)
吉谷(岩崎征実)、中井和久(斉藤瑞樹)、女将(米山奈穂)、医師(山本満太)

 大蔵省主計局に務める桐原(増谷)と司馬(小杉)。経済界に強い影響力を持つ旧財閥の婿養子となった桐原(増谷)は、約束された出世の道を進み、司馬(小杉)もまた、後ろ盾を持つ桐原を同期として疎ましく思いながらも、キャリアを重ねていた。
 ある日司馬(小杉)は、友人の有賀(一条)から桐原(増谷)の家庭事情を聞かされる。桐原は無精子症と診断されたことで、桐原家の中で立つ瀬が無くなっていた。その上、大蔵省OBの大物政治家・篠田雄一郎(宝亀)に見初められ、相手を務めたともいう。篠田(宝亀)は男色家でも有名。桐原は、家に籍を置く代償として、篠田(宝亀)の意向に添うよう強要されたのだった。

 多忙に追われ疲れ切った夜遅く、司馬(小杉)は、ふらふらと歩く桐原(増谷)の姿を見つける。氷雨の中、桐原(増谷)は傘を落としたまま道路に膝をつき、泣いていた。
「……死にたい。もう、死んでしまいたい……」
朦朧とそう呟く桐原(増谷)を連れ、司馬(小杉)はシティホテルに向かう――。


 新作をいっこうに消化していないのに、なぜまたいきなりこんな旧作、それも増谷さんなのかと言いますと、アニメ『ZOMBIE-LOAN』の董奉@増谷×思徒@櫻井に激萌えだからですw 「思徒様」なんて様付けで呼びながらも、態度は慇懃無礼。そして、調教と称して思徒@櫻井をいたぶる董奉@増谷(*´∀`)。これが萌えられずにいられましょうか(笑)
 ということで、増谷さんのBL(富士見以外で)が無性に聞きたくなり、取り出したのが、聴くの何度目なんだよというコレでした。『Angel's Feather』という手もありましたが、あっちの気分じゃなかったのよね。

 このCDのレビューでまず書かれているのが、桐原のキャスティングでしょう。桐原は、妙な色気を持つだけでなく、深みと艶のある声が特徴。「聖域はハイバリトン。その声は低く清潔で、聖職者のような不思議な響きと清涼感をまとう」と称される声なのです。
 絵師さんは、ストイックな色気を持つ大人の男を描かれる杜山まこさん(某主従小説の同人で活動されていた頃からのファンですw) 文章での形容と画を組み合わせて、増谷さんがキャスティングされると予想できた方は皆無なんじゃなかろうか。オッキー辺りが演じそうですよね。
 でもですね、増谷さんが大変良いのです! 普段の喋りは、起伏が無く、冷淡とも思える声音なんですが、切羽詰まって半分壊れた桐原@増谷が漏らす喘ぎは色気むんむん。1トラック目とラストトラックに分けて入る温泉での濡れ場、司馬@小杉との初めての絡みは、やっばいです。

 桐原@増谷は、篠田(宝亀)の相手を務めてから、ショックで不能になってしまいます。例え関係があっても子供など出来ようはずもないのに、奥さんは妊娠。産む宣言され、心身ともにズタボロ。なので、普通の愛撫じゃ欲望が先走るだけで、躰は全く反応しません。前立腺を直接刺激されてようやく……という具合。で、一度、司馬によって味わった快楽の虜になってしまうんですね~。誰よりも高いプライドを持つ桐原@増谷が、快楽に崩れていく様はとにかく萌える゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*

 指挿れられて痛がる桐原@増谷に、「痛いんじゃないだろう。恥ずかしいんだろう?」と、無理に増やした指を進める司馬@小杉。S気入った攻め方や卑猥な言葉に反応しちゃう桐原@増谷の、男くさい色っぽさはたまりません。桐原@増谷が上擦った声で、司馬の名前を呼ぶところでは悶えましたwww

 メイン2人以外では、一条さん演じる有賀が美味しいキャラでした。本来はアクの強い人物設定のはずですが、出番が少なくて、このCDでは、司馬@小杉の親友で、桐原@増谷の情報を流すだけの役所になっています。でも、そこはさすがに一条さん。それとなく妖しさが漂っていて、印象が強い。

 そしてもう1人、桐原@増谷をお稚児さん代わりにする政治家・篠田(宝亀)が良かった。 好色な老人の、作っているっぽい柔らかな喋りが、根のねちっこさを良く表してた気がします。
 宝亀克寿さんと言えば、インターから出ている『たとえこの恋が罪であっても』で、ノジに鞭を振りまくったサド爺客を思い出します。あの時も本物めいていて輝いていましたが、篠田も負けていなかった(笑)

 『疵-SCANDAL-』の原作は全4巻。ドラマCDは、「冷たい指」のサブタイが付いた第1巻のドラマ化です。発売が2002年ですから、2巻以降がCD化されることは無いのでしょうが、この作品は1巻だけで聴けるように、うまくまとまっています。ストーリーがしっかりしているので、お話としての聴き応えは充分。モノローグ担当は小杉さんで、その重厚な語りとどシリアスなBGMが、とても合っていました。第1巻分だけでも充分堪能でき、そして原作が読みたくなる。実際、買いましたし(笑)
 ラストトラックの司馬のモノローグには、2人の前に敷かれているこの先の冷たい道と、その道から目を背けるために、熱い一時に溺れる桐原の姿が浮かびます。充足感が大きいCDって、見つけると嬉しいですね。

 原作は絶版で、手に入り難いのが難点。最終巻はまだ見つかっていなくて、最後2人はどうなるの~~~!と悶えてます。

疵(スキャンダル)―篭の中には青い鳥疵(スキャンダル)―篭の中には青い鳥
(2002/06)
かわい ゆみこ

商品詳細を見る

これなんですが、どこかで見つけたら、絶対買ってやる!!
スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

かわいゆみこさん原作のBLCD「疵~冷たい指~」

かわいゆみこさん原作のBLCD「疵~冷たい指~」を聴きました☆ 原作本は4冊でているようですが、このCDは一冊目の内容です。 CPは小杉十郎太×増谷康紀さん ものすごく大人のCPです。。。 増谷さんの受け~~っ?? って想像もつきませんでした。 と

comment

管理者にだけメッセージを送る

>ミケリスさん

こんばんは♪

ミケリスさんも、増谷さんの大人受けにはまりそうですか(笑) 他でも出てくれれば、いや、目の高いスタッフさんがキャスティングしてくれれば良いのになぁ~と思わずにいられません。

宝亀さんは、BLCDで時々名前をお見かけしますよね。けっこうインパクトある役だったりしまするので、割と印象強いですよね。なんだったか、アラブの人買い?ってのもあった気がします。

感想は、後先考えずに、思ったことを書き散らしているので、後で読んで消去したくなることもあるんですが(^^;;、ちょっとでもお役に立てれば嬉しいですw

采さん。こんにちはー(*^_^*)

聴きましたよ!
聴き終わった後、この後の2人が凄く気になりましたよ~。
やっぱり原作は続いてるんですね。
(続編が出ないのが残念;;)

小杉・増谷・一条で、アダルティー色ムンムンで大人の聴かせるドラマでしたよね。
増谷さん受も普段のあの声からどんな喘ぎが?っと思ったんですけど、意外に色っぽかった~。
まさに大人なアダルティー受w
(采さんが書かれ通り、表紙からは置鮎さんが演りそうな感じですね)

それから、宝亀さん。相変わらず声がいやらしいwww
あの、いやらしさは何なんでしょうか!?w
上手すぎる~~~w

毎回思うんですが、采さんが書かれてることは的確だなと感心します。
いつも、私が言葉に出来ない表現を見事に書かれてて。
CDだけでは分からなかったことを、采さんのレビューで補完させてもらってます。

>あいさん

あいさん、こんばんわ♪ 亀レスですみません><

>いざとなると切羽詰ったような色っぽい声
の増谷さん、私も悶絶致しまさっぱりしたよwwww
小杉さんといい一条さんといい、アダルティでエロエロで
まいりました(*´∀`) こーゆー平均年齢高めなシリアスLCD、どんどん増えて欲しいですよね!

TBありがとうございます<(_ _)> こちらから上手く飛ばせなくてすみません;; 理由はさっぱりですが、新しい記事だと、上手くいくっぽいんです……。

こんばんは、采さん。

この世に増谷受けなどが存在するなんて・・・ありがたいですね(オイ)。しかも攻めが小杉さん。そして一条さんまで出演されてるとは・・・。
アダルティー大好きには垂涎ものですよね。

普段無感動な感じな増谷さんが、いざとなると切羽詰ったような色っぽい声を出されるのには、悶絶ものでした。

宝亀さん・・・そういえばムチふるってノジを苛めてましたね~。こんどは好色な政治家~ねちっこくて原作のイメージっぽかったです。

まこさんのイラストも素敵でしたvv

TBよろしくお願いします。
こちらからばかりになってしまってすみません(><)
告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。