--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-02

透子-TOUKO- ~鬼の風水III~(原作/岡野麻里安)

透子-TOUKO-~鬼の風水III 透子-TOUKO- ~鬼の風水III
ドラマCD (2007/05/25)
CyberPhase

原作→透子(TOUKO)―鬼の風水〈3〉 / 岡野 麻里安

<CAST>
篠宮薫(神谷浩史)、筒井卓也(福山潤)、篠宮透子(水樹奈々)
渡辺聖司(森川智之)、蝶丸(山口勝平)、篠宮京一郎(小杉十郎太)
魏震華(三木眞一郎)、黒鉄(小西克幸)、大原崇(金砂)、成瀬誠(銀砂)
拓也<子供>(阪田佳代)、牛頭鬼(伊丸岡篤)、隠れ里の人(櫛田泰道)

 まだそれほどBLレーベルしてなかった頃のホワイトハートから出ていた、陰陽系ファンタジー。原作の本編全8巻を、1巻ずつドラマCDにしている形で、今回はその第3弾。ドラマCDも、サイバーさんの非BLレーベル「New Age Cyber」からの発売です。しかし、設定はけっこうBL。これぐらいのBL度合いが、実は一番好みだったりする。話自体とても面白いし、神谷さんの筆頭萌えキャラと個人的に認定している「薫」とか、萌え要素満載。BLファンにもオススメしたいシリーズです。以下に、世界設定含めてあらすじ。(あらすじも感想も、長いです)

 この世は、陰と陽で成り立っている。陰の鬼道界、陽の人間界、どちらかが欠ければ、もう一方も失われる。しかし、いつの頃からか、2つの世界は少しづつ離れ始めていた。このままではいずれ、どちらも破滅へと向かうのみ。その流れを阻止しようと、鬼達の間には、人間界を侵攻し、無理矢理陰と陽を交わらせることで、鬼道界を安定させようという動きがあった。
 次第に増えつつある鬼の侵攻を食い止めている退魔師を束ねる組織が「七曜会」。17才の拓也(福山)もその1人で、鬼使いの頭領の末っ子。強大な力を秘めているが、幼い頃に鬼に襲われたときの記憶が、力を制御していた。拓也と組んで、退魔の仕事をすることになった薫(神谷)は、16才にして超一流の退魔師。鬼と人間の間に生まれた「半陽鬼」で、鬼よりも強い妖力と生命力を持つ。その魔性の美貌は、男女問わず虜にし、情人も多い。薫の妹・透子(水樹)もまた、鬼の姫巫女=姫羅盤である母の血を受け継ぎ、万象を動かす強大な力を身に秘めている。拓也は、透子を初めて見た時から、恋に落ちていた。

 薫にとって、他人とのコンビを半年過ぎても解消しないのは初めてのこと。拓也の、鬼に好かれる体質も関係していたが、薫と拓也は、幼い頃に一度出会っている。鬼から救ってくれた、藤の香りをまとう鬼の美童の正体が薫。拓也はその出来事を夢だと思っていた。薫が懸命に抑える想いにも気付こうとせず、ときには、薫から抑え切れない欲求を見せられても、嫌がらせだと勘違いするだけ。「喰いたい」。鬼にとっての最上級の愛の言葉は、人間である拓也に理解できることではなかった。
 拓也を溺愛している伯父の聖司(森川)は、そんな薫の気持ちに気付いていた。しかし、薫とのコンビが拓也の覚醒を促し、鬼使いとして良い方向に力を安定させると考え、2人の関係を危ぶみながらも、拓也を見守っている。

 篠宮兄妹と父親・京一郎(小杉)の間には、深い確執があった。妻・藤姫は、ある日突然姿を消した。その直前に姿を見せた、鬼道界の王・羅刹王。京一郎は、愛する妻が鬼に奪い返されたと信じ、鬼を憎悪する。鬼の血を引く薫と透子に対しても、憎しみしかなかった。特に薫が京一郎を強く憎むのは、自分に対する京一郎の仕打ち故。透子のためと己に言い含め、「いつか殺してやる」と誓い、耐えてきた……。

 薫と拓也が共に退魔の仕事をこなすうちに、鬼の動きが活発になる。羅刹王の側近・魏震華(三木)により、姫羅盤・透子を陽の結晶に変え、永遠に鬼道界の支えとしようという企みが持ち上がったのだ。透子奪取のために、魏だけでなく、鬼の公子・黒鉄(小西)までもが出向いてくるという。黒鉄は透子の想い人であり、黒鉄も透子を憎からず思っているという2人。魏は、お互いソリが合わず反発し合っている公子が、呪具に過ぎない姫羅盤に過剰な感情を抱いていることを蔑んでいた。
 薫と拓也は、魏らの企みを聞き、透子が身を寄せる藤の隠れ里へと向かう。一方で、京一郎も、鬼道界を滅ぼし鬼の血を絶やすため、透子を利用しようと考えていた。魏とは逆に、透子を陰の気の結晶に変え、人間界のみを残そうというのだ。薫も透子も、まだ父の思惑には気付いていない。

 藤の隠れ里に揃う薫、拓也、透子、聖司、京一郎、そして、鬼に育てられた少年・蝶丸(勝平)。透子が舞台に立つ神楽舞の夜、攻撃を仕掛けてくる鬼達を食い止め、透子を守れるか――。



 こんな感じのお話です。ブクレに載っている「良かった…。本当に良かった」という神谷さんのコメント。それがそのまま、私の感想でした。ここからは、たぶんけっこう電波です。見苦しかったらすみません;;

 まずは主人公・拓也@潤々をすっ飛ばして薫@神谷さん。「均整のとれた身体つき、透き通るような肌、やや長めの漆黒の髪、薄い形のいい唇、魂が吸い込まれそうな瞳」。それに、半陽鬼故の孤独な心と、見た目には全く分からない激情。ただ一人の相手(=拓也)にだけ密かに執着するスーパークールビューティです。
 感情を面に出さない上に無口なので、必要事項を一言二言をポツリと口にするだけ。セリフ自体はものすごく少ないです。でも、存在感はとても大きい。その大変な役を、神谷さんは見事に具現化しています。一言一言が、涼やかで凛としていて、それでいて艶めかしい! 少ないからこそ、際立ってるとも言えるのかも。「フッ」とか、無言でツイと顔を背けるといった表現は、音にすれば無きに等しい些細なものですが、ちょっとした息の使い方で、薫の表情とかシーンが浮かんでくるんですねー。

 薫@神谷さんが拓也@潤々に言う「……喰わせろ」は淫靡です。吐息がエロくて、悶えそうになります。
 ちなみに、この「喰う」は「ヤりたい」の比喩ではなくて、血肉を本当にバリバリと食べるという意味。鬼にとっては、相手を食べることが最上の愛の表現なのです。人間よりも情の濃い鬼にとって、喰いたいと思える相手に出会えることは稀。なので、鬼と人間の恋の末は、破滅的です。薫もそれが分かっているから、必至で想いを抑えます。なのに拓也@潤々は、自分が鬼にだけ通用する色気を垂れ流していることに無防備なので、意図せず薫@神谷を誘惑しまくり。鬼の気配全面に出して拓也@潤々に迫る薫@神谷は、ゾクゾクするほと艶っぽくてクラクラきます。

 鬼が相手を喰う時には、身体に媚薬のようなはたらきを施すので、相手は喰われている間も快感しかありません。今回拓也@潤々は、魏@三木に、自分が薫@神谷に喰われながら恍惚の表情を浮かべるシーンを見せられ、半狂乱になって力を暴発させてしまう。拓也としての意識は飛び、鬼を狂わせる鬼使いの血だけで、薫@神谷を誘います。この辺の描写が、恐ろしいけど酷く魅惑的。

 もう一つ、第3巻で目眩がしそうだったセリフがこれ。透子に化けて神楽を舞えという命令を拒否した薫@神谷が、京一郎@小杉から囁かれた「女の真似は嫌か」。何巻かで明かされますが(以下、原作既読の上でのネタバレなので要反転→)薫の最初の男は京一郎! 妻と鬼の血を憎む京一郎は、いたぶる意味で、薫が幼い頃から身体を開かせてきていました。透子を守るため、無言の強要に屈服し、薫が自ら身を差し出した関係。「女の真似~~」は、そのときに囁かれた言葉と同じ。薫の屈辱を最大に煽る言葉を、京一郎はわざと吐いたわけです。この歪みきった父子の関係に萌える。病んでますな(笑)。

 相手を破滅に追い込むと分かっていながら、抑えられない激情。それが駄目だと分かりながら、受け入れ、ともに堕ちてゆく関係。こういう耽美なところに惹かれるんでしょうねぇ。

 薫@神谷以外では、魏@三木と、その2匹の小鳥、金砂@大原&銀砂@成瀬に萌えます。傲岸で冷酷な魏@三木のキャラ設定が、非常に良い。潔癖性で自身家。心を許すのは、自分が作り出した式の金砂@大原&銀砂@成瀬だけ。この3人の関係が耽美。
 魏@三木 VS 薫@神谷のクールビューティ同士の闘いでは、上目線の魏@三木が薫@神谷をいたぶる様が宜しかったです。

 拓也@潤々は、非常に潤々らしい、落ちこぼれ(だけど実は一番強い)元気いっぱいキャラ。演技も安定していて、言うことは無い。やはり1~2巻と間が空いたせいなのか、声に幼さが取れたかなという印象はありました。CBCラジオでは、低音キャラ(ルルーシュ)をずっとやってきたせいか、最近声が低くなって、前の拓也を聞いたら、余りの違いに驚いたと言っていました。

 京一郎@小杉に、蝶丸@勝平、黒鉄@小西と新キャラも登場し、次巻ではまた規模が大きくなります。単行本8巻はまぁまぁの長さですが、テンポがよいので、冗長を感じさせられたことはありません。CDの出来は良いし、ラスボス・羅刹王の登場はまだ先。期待は高まるばかりです。
 本当は外伝もCD化してほしいけれど、さすがにBLCDレーベルじゃないと駄目よねぇ。濡れ場が無くても話は成り立つけど、ザクッと省略されるのは勘弁して頂きたいし。

 羅刹王のCVが誰か、キャスト様にはもう知らされているようです。潤々や神谷さんの反応からいくと、「この人だと思った」という大物?のようなんですが、彼らが誰を指してそう言っているのかがサッパリ。
 羅刹王は、鬼も人間も誰もが一瞬にして魅惑され縛られる、絶対的な美貌と力を持つ存在。もし塩沢さんがご存命だったら、絶対に塩沢さんだなと思っていました。個人的好みから言えば、中原さんか速水さんも良いなと思いますが、速水さんでは男性色が強くなるので、やっぱり中原さんかな。

 今回は、初回限定特典のフリートーク・ノンカット版8cmCDと、去年ラジオで放送されたシリーズCD化記念PR座談会収録CDの2枚が、全サとして用意されています。締切は7/25。これだけは忘れずに応募しないと…。


・ アノン(福山潤)
 「road」 
(『うえきの法則 キャラクターソングアルバム~The Low Of Songs!』より)
 =元気少年が歌う切な系メロディ。潤々のキャラソンの中ではかなり好きな方。
・ 七条臣(坪井智浩)&西園寺郁(神谷浩史)
 「Share The Future」 
(『学園ヘヴン ヴォーカルアルバム SONG! MVP』より)
 =ビバ女王様! 神谷さんの担当はコーラスとセリフで、本来は坪井さんの歌なんですけどね。右から左からの女王様ボイスにやられます。
・ ロイア(水樹奈々)
 「Go Smile」
 (『牙 オリジナル・サウンドトラック Vol.1』より)
 =奈々ちゃんは歌上手いですねー。夢は歌手だったそうですが、もう半分歌手だし夢叶えましたね。
・ 三木眞一郎(香藤洋二)&森川智之(岩城京介)
 「Arrival」 
(『PREMIERE ~春を抱いていた SPECIAL~』より)
 =香藤と岩城さんのデュエット。ハモリがセクシー。すごい良い曲で、メロディも歌詞も、春抱きカプらしくて最高です。アルバムの最後に持ってきた構成も◎。帝王のリードが上手いのか、三木さんも上手く聞こえる(~~加減が好きなんです。決してけなしているんじゃありません;;)。
・ 小杉十郎太
 「ヨコハマローズ」
 (『Honesty -再び素直になる時-』より)
 =1stアルバムから、歌謡曲ムードたっぷりなカンツォーネ風? 上手いなぁ。ディナーショーに良さそうw
・ 紅蓮(小西克幸)
 「誓い」 
(『少年陰陽師 キャラクターソング「風雅に響く詩を聴け」秋』より)
 =ちょい鼻にかかった歌い方が気になります。紅蓮というより、コニタンが歌っている感じかな。
・ 蛍(成瀬誠)
 「Looking through you」
 (『新白雪姫伝説プリーティア O.S.T. Vol.2』より)
 =成瀬さんの声に良くあったアイドル風ポップス。可愛いです。プリーティアのこのアルバムは、櫻井さんの「Love Breaks…」も鳥さんの「In Your Eye」もエロさ全開でクセになります。
スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

>あいらさん

おはようございますw

好みっぽいですか。良かったww
キャスト、豪華ですよね~。聴き応えたっぷり。重厚ですよ~。色んなカプで妄想萌えもできます(笑)

2巻と3巻は、神谷さん待ちをしていたので、約1年開いていますが、もともと3カ月に1巻刊行ペースみたいです。揃え始められたら、あいらさんの感想読ませてください♪

初めてピンク系にしてみました。花&蝶が気に入っています。萌えを語るには、赤・ピンク系が似合っているのかもしれませんww

采さん、こんばんわvv

ん~やっぱり気になりますね~。
なんだかすごく好みっぽいです。(笑)
しかも妙にキャストがまた豪華ですね!!!!!
これはもう聴かないとな気がしてきました!!!!!
今すぐは時間が取れないので少しずつ揃えて聞きたいと思いますvv

ブログ改装なさったんですね~。
すごく可愛いです!!!
告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。