--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-28

片翅蝶々(原作/雪代鞠絵)

ドラマCD「片翅蝶々」 ドラマCD「片翅蝶々」
イメージ・アルバム、吉野裕行 他 (2007/06/06)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
<CAST>
雨宮水帆<揚羽>(吉野裕行)、速水一佳(平川大輔)、朝倉智明(遊佐浩二)
翡翠(岸尾大輔)、9歳の水帆(阪田伊都)、禿・色子(立花慎之介)
禿・櫻花廓の男衆・運転手(太田哲治)、遊郭の男衆・酔い客・門番(河野裕)
禿(河杉貴志)、櫻花廓の男衆・酔い客・門番(千々和竜策)

 6月新作が続々出ているのに、視聴済みCDの感想も未聴CDも溜まるばかり。急がないと、7月になってしまいますよ…orz。
 ということで、けっこう前に聴いてウキャーっ!となった『片翅蝶々』。好物の遊郭ものです。エロ天使・平川さんが、今回は低音S攻め。もう1人の黒S客には遊佐さん、先輩遊女にダイサクとなかなかイイ布陣。よっちんが可愛いこちゃん受けということで、大変不安でしたが、よっちんラヴ心でなんとかクリア。個人的には萌えCDでございました。

 没落した華族・雨宮家の借金を負い、男だけの遊郭・櫻花廓へ売られた1人息子の水帆(吉野)。幼い頃に家庭教師をしてくれた“お兄ちゃん”に会いたくて、足抜けしようとしては捕まって折檻…を繰り返していた。
 ある日、またも足抜けしようとして折檻されている水帆(吉野)を、通りかかったが速水(平川)が見咎める。今では、速水財閥後継者の身だが、彼こそが7年前に突然姿を消した“お兄ちゃん。速水(平川)は、水帆(吉野)を水揚げするため、櫻花廓に連絡を取る。水帆(吉野)の方は再会を心から喜んだが、速水(平川)の方は、冷淡な態度。速水(平川)は、雨宮家を恨み、水帆を捨てて出て行ったのだ。密かに想い慕っていたお兄ちゃんから「世界で一番お前が憎い」と告げられ、ショックを隠せない水帆(吉野)。速水(平川)は、恨みをぶつけるように、水帆(吉野)をいたぶりながら、快楽に喘がせた。

 速水(平川)の水揚げは無事済み、水帆(吉野)は揚羽という名を与えられた。しかし、色子となってからも、苦労知らずに生きてきた元華族ということに加え、速水(平川)の計らいで初めから良い部屋を与えられたことなどから、郭では憎悪の対象。話し相手は、翡翠(岸尾)だけで、毎日届く速水(平川)の贈りものだけが、楽しみとなっていた。
 水帆(吉野)にはしばらく、速水(平川)以外の客が付くことはなかったが、ある日、速水(平川)の親友だという朝倉(遊佐)が客となる。速水(平川)が雨宮家を恨む理由を教える代わりにと、朝倉(遊佐)は本来なら禁じられている初回で、水帆(吉野)の身体に触れた。

 朝倉(遊佐)から、速水(平川)は櫻花廓に来るたびに翡翠(岸尾)を買っていたと聞かされてから、水帆(吉野)の心はざわめく。

 しばらくして、禿達の意地悪で、水帆(吉野)は速水(平川)から贈られた櫛を捨てられたうえ、足抜けの濡れ衣をかけられてしまう。折檻の代わりに水帆(吉野)に与えられたのは、朝倉(遊佐)が主催した宴の余興。宴には、速水(平川)も列席していた。朝倉(遊佐)は、速水(平川)か翡翠(岸尾)と絡めと言う。翡翠(岸尾)との接吻の最中に、速水(平川)の元に速水家からの急な知らせが届く。しかし、酒の中に入れられた媚薬のせいで意識が朦朧となる水帆(吉野)を捨てておけず、速水(平川)は知らせを破り捨てる。明日には全て忘れるだろうという翡翠(岸尾)の言葉に乗り、速水(平川)は求められるまま、お兄ちゃんとして優しく、水帆(吉野)を抱いた。

 翌朝、速水(平川)を送り出した水帆(吉野)は、速水の結婚を聞かされる。優しくされ、そしてまた突き放される絶望。水帆(吉野)は、朝倉(遊佐)から速水(平川)が雨宮家を恨む理由を聞く。
 速水(平川)の母は雨宮伯爵の妾だった。強いられた妾生活で体を壊した母親は伯爵から捨てられ、亡くなった。速水(平川)はそれから、雨宮家を見返すことだけを目的に、今の養い親の元に走ったのだという。速水(平川)が雨宮家を許すことはない。だから自分の身請けを受けて欲しいと言う朝倉(遊佐)の申し出を、水帆(吉野)は受けた。

 身請けの日、朝倉(遊佐)とともに住居に向かった車が急に止まる。車の前には、結婚を破棄にして水帆(吉野)を取り返しに来た速水(平川)がいた――。



 水帆は16才。華族のお坊ちゃんですが、女性にしか見えない容貌。無垢なお姫様です。『タイムリミット』とか『愛は薔薇色のキス』なども聞いているので、よっちんのブリ受けがやばいことは分かっていました。なんで、この設定でよっちんのキャスティングが、ものすごーーーーく不安…、というか、あぁぁと悲しくなったぐらい。でも!これが案外悪くない。とゆーか、喘がなければ、萌えます! 『水の記憶』でもそうでしたが、幼な声はけっこういけたんでした。

 何もわからぬまま、速水@平川に奪われた水帆@よっちんは、速水@平川に「お兄ちゃんなんかもう来るな!」とぶつけるんですが、顔を真っ赤にしながら怒りに打ち震えながらな言い方が可愛くて。無垢で汚されても白いままの水帆ちゃん。この子、絶対16才じゃありません(笑) 洋服なら半ズボンに違いない。子供時代の水帆は、女性の方が演じているんですが、よっちんの方がずっと可愛いく思えるから不思議です。不思議つーか、単に腐なだけかな…。

 喘ぎに関しては、できることなら聞かなかったことにしたい。ひっくり返った声の「あっ…いやぁぁぁ」は笑うしかありません(笑) でもね、セリフは、けっこう萌えるのです。「ずっとここが切ないです」とか、言うよう強要された言葉の意味が分からず、疑問系での「いく?気持ちいい?」とか、薬で朦朧としながらの「身体…熱い…」とかね。可愛いw

終始クールで低音ボイスの速水@平川は、良かったです。
 「お前も、ここまで堕ちておいで」
 「俺がお前を堕落に誘おう」
なんてクラクラするようなセリフを、耳元で囁かれるのです。冷酷なんだけど、かすかに甘いの! 『JUNK!BOYS』でも『学園エンペラー』でも思いましたが、攻めの平川さんはS気質に限る。勝手に限らせて頂きます。
 「いやらしいなぁ 水帆」
 「先走るなよ、お姫様」
なんて、わざとらしい優しさ含めた蔑み声で言うのです。萌えレベル、かなり高いです。受け様としての極上ぶりに、すっかりエロ・エンジェルの名前が定着していました(一部で^^;)が、平川さんは攻めもイケますね。BL天使と改めた方がいいのかもしれん。

 もう1人のS攻め様、朝倉@遊佐は、ねっちこいいやらしさがたまりませんでした。悪い華族のぼんぼんという感じが、ものすごい似合う。水帆@よっちんをいじめていたのが、好きだからいじめていたというお子様感情なところもイイ!
 速水@平川の過去を教える代わりに…と手を出そうとするときのいやらしい言葉攻めは萌える萌える。「熟れる前の李の感触だ」とかね、オヤジかと(笑)
 身請けを言い出したときには、可愛い男だなと思いました。そのまま突っ走ってもらいたかったんだけど、最終的にはイイ人だったのかなぁ。

 今回、一番色気振りまいていたのは、翡翠@ダイサクです。絡みは一切ないんですが、さすが郭の元?現?売れっ子らしく、一言一言が艶っぽい。仕事上では丁寧な言葉遣いでも、普段は速水@平川にも朝倉@遊佐にも、ため口で、言いたいことはしっかり言うと、けっこう男らしい。美人で男らしい、たおやかな姐御でした。

 朝倉@遊佐の宴での、翡翠@岸尾と揚羽@吉野の絡みは、百合百合で萌えました。こういうエセ百合CDの需要はないんだろうか。外見姫(でもあくまで男。声は姫系男声優)同士の絡み。考えただけでww

 ラストで、色子と客でなく、愛し合う者同士となった2人のラブラブぶりが、少しだけのぞけます。ちっとも手を出してこない速水@平川にじれて、「ちょっとだけキスして欲しい」とか胸の中で独りごちる水帆@よっちん。可愛いwww 甘甘ラブ突入後は、やはり自重をお願いしたいあんあんでした。アレされなければ、かなりのオススメ萌えCDにしたいところなんだけどな。

 フリトは3分半。通販特典のフリートーク完全版のカット版でした。完全版は約21分。よっちん、平川さん、ダイサク、遊佐さん4人の思い切りなクロストークです(笑) 懐紙って何?とか、禿を「ハゲ」と読んだとかのコレ何発言に加え、平川さんが収録中に「一佳」を「圭一郎」と読み、気付かずにそのまま進めようとした裏話も。で、それに続くセリフが、翡翠@ダイサクの「本気か?」。なんてイイ流れなんだと(笑)。
 それからは、遊郭ものは難しい言葉が多いという話から、「そんなにお座敷遊びをしないわけじゃん」という遊佐さんに、「って若干やってるんですか?」とよっちん。でも遊佐さんは、ダイサクの「それは京都だから…」に、「君らは間違ったイメージを(笑)」と一生懸命否定していましたww

 ダイサクは、高めの板東英司風の翡翠とか、どんだけ~とか、いつものようにダイサク節爆裂。遊佐さんも、若手に混じってちょい弾けていて、楽しいフリトでした。そして!やはり、よっちんは素が一番萌えます。ホントに。よっちんのまんまのキャラでとかCD作って下さい。

 今回のキャストによるキャラソン4曲はコレ。

・ 平川大輔(お兄ちゃん)
 「はじまりの空」
 (『ラブレボ!! キャラクターソング4』より)
 =お兄ちゃん繋がりでラブレボ。速水ぐらいの低音で、優しげJポップ風に歌っています。癒されますw

・ 仙道清春(吉野裕行)
 「青春ダイナマイト」
 (『VitaminX 特典CD BLUE DISC』より)
 =水帆と全く正反対なキャラなのに選んだのは、最近お気に入りでヘビロテだからです。口開けっ放し系電波キャラの清春、サイコーですw どんなキャラかは、こちらのサンプルボイスを聞いて下さい。まんまですから(笑)。
 つい先日、Vitamin XのドラマCD『Ultraビタミン』を聞いたんですが、ドラマCDの出来としては~~~~。なのに、キャラ萌えだけでOK出してしまった代物です。それぐらい、清春@よっちんは素晴らしく愛らしい電波ぶりだったのです! キャラソンもサイコー。合間にラップが入るんですが、口開けすぎで何言ってんのかサッパリ。こんな↓歌詞です。なんておバカな歌!なんですが、クセになるんですねー。

 にっちもさっちもいかねぇ現実タイトロープ
 ドッチらけんなよハマったもん勝ちロックンロール
 おキャンなオマエとCan make love?感じる愛情℃
 やるっきゃねーだろ?未来とタイマン ライドオン!


・ 風門寺吾郎(岸尾大輔)
 「放課後ジャーマンスープレックス」
 (『VitaminX 特典CD BLUE DISC』より)
 =こっちも、翡翠と正反対なVitamin Xのキャラ歌。電波娘ちゃんです。ダイサクにしかできないキャラだと思う。どんなけ電波かというと、文頭と語尾に「ポペラーー!」が付くってことで分かって頂けるかと。
 歌では遊んでます。最初のリングアナ風のセリフでも弾けています。素だな(笑) でも歌始まると、コロッとゴローちゃんに。さすがダイサク。

・ 遊佐浩二(エンジュ)
 「code name is」
 (『Marginal Prince Songs 3』より)
 =暗い曲調にちょいビブラート入った遊佐さんの歌い方がセクシー。1番と2番のラストに、「っあぁーーーーーーー」と吐息が入っていて、悶えそうになります。
スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

☆ 片翅蝶々 ☆

ん~今月は豊作かと思いきや、バランスの悪い作品と半々くらいかしら・・・雨宮水帆 吉野裕行速水一佳 平川大輔朝倉智明 遊佐浩二翡翠 岸尾大輔あらすじは、助けてamazonさ~ん!!!色と欲が行き交う花街。没落した伯爵家の末裔・雨宮水帆は借金返済のために遊

雪代鞠絵さん原作のBLCD「片翅蝶々」

雪代鞠絵さん原作のBLCD「片翅蝶々」を聴きました♪5月のBLCDラッシュが終わった(まだ聴いている途中です・・・)と思って気を抜いていた(笑)矢先に、例の店で発見!!そうそう、今月は素敵平川さんヴォイスでスタートなのです最近すっかりBLCDの感想ブログになってま

comment

管理者にだけメッセージを送る

>あいらさん、あやさん

こんばんは~

>あいらさん
>「タイムリミット」も「愛は薔薇色のキス」も美味しくいただけました

おお強者ですねぇww 私は…すみませええん;; よっちん大好きなんですけど、大好きだからこそ、これはどー考えてもミスキャストだろうと膝折れしてました;;;

>恋愛操作と同じで
それです! そうだ。何となく居心地が悪かったのは『恋愛操作』聴いたときと同じでした。あいらさんが書いていたように、バランスが悪かったのかなぁ。よっちんラヴァーの萌え心で見ないふりしてたんですねーきっと。 TBありがとうございました<(_ _)>



>あやさん
雄叫びはダメですよねぇ(笑) 初回は笑い所だと思ってアハハは感じで聴いていたんですが、2度目3度目のときにはボリューム絞ってしまいました。いたたまれないといいますか;;;

BLは全部ファンタジーだと思いますが、なかでも男遊郭ものは、かなりファンタジー度合いが高いですものね。リアリティのなさをどうカバーして、世界に入らせるかが大切なのかなと思いますが、割とドラマCDの場合は、声萌えも大きな要素かもしれませんね。

采さん、こんにちは~!

私も吉野さんの雄たけびには大笑いしました。
私は原作を読んでないから、この作品の奥深さが分からずに残念です。

遊郭モノって設定だけが先走っていて、中身が追いついてない部分が多いと思うのです。そこが引っ掛かったところでした。

皆さん個性的なキャストでしたね。色々な意味で強烈な印象な作品でした。

采さん、こちらにもお邪魔しますvv

散々書いておいてなんですが。。。
けっしてよちんが嫌いなわけじゃないんです~。
「タイムリミット」も「愛は薔薇色のキス」も美味しくいただけましたし~。
ただ水帆は違うな~というか、私のイメージが岸尾だったので翡翠が岸尾じゃなかったらこんなに混乱しなかったのかもしれません。
采さんの感想のように喘がなければ・・・すごく可愛かったんですけどねぇ。

この作品も恋愛操作と同じで個別に見るとなかなかいいんだけど、作品的に見ると不安定な作品なんだと思います。
スキー原作なだけに思い入れが強いのもいけないんでしょうけど・・・

>あいさん

こんにちは♪

>いえいえ、そのとおりだと思いました。
ですよねーっ(笑) 女性のショタ声よりよっちんですよ。チンピラなよっちんが愛おしくて溜まりません。

昔なら、たぶん聞いた瞬間にorzになったと思うんですが、よっちんラヴ心が過ぎて、あの間違ったかわいこちゃん受けのあんあんにも目をつぶろうという気になるのですから、腐パワーは怖いですね。

BLCDラッシュ、本当に最近は、今月“は”じゃなくて、年間通してラッシュですね。他にお金が使えなくて大変困ります。。。

采さん、こんな真夜中にお邪魔します。よっちんに萌え萌えですね♪

<女性の方が演じているんですが、よっちんの方がずっと可愛いく思えるから不思議です。不思議つーか、単に腐なだけかな…。

いえいえ、そのとおりだと思いました。ってかあいも腐なのでしょうか・・・照。あの「願い叶えたまえ」のヤクザさんがどこからあんなきゃわゆい声出してるんでしょうね。世界の七不思議です(笑)あいも最近急速にチンピラな(笑)よっちんに萌えを感じ始めました。

「青春ダイナマイト」口開けすぎですか(爆笑)。
あいは一度聴いただけだから、歌詞見てもメロディーが浮かばない~汗。聴けば思い出せるかしら。

このごろいっつもBLCDラッシュという気がしてきましたよ~。恐ろしい・・・いやうれしいのかなぁ。ちょっと複雑です。

ではではTBよろしくお願いします!
告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。