--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-27

危険な保険医カウンセラー(原作/みなみ遙)

危険な保健医カウンセラー ルボー・サウンドコレクション 危険な保健医カウンセラー
(2006/05/25)
<CAST>
倉橋涼(鈴木千尋)、橘芳明(遊佐浩二)、中野悟志(平川大輔)
河合静(高城元気)、藤堂(笹沼晃)、顧問・男(藤井靖)
生徒ABC(窪田亮・岩下読男・大戸博史)

 BL断ちに備えて前の晩に連続で聴いたうちの3作目は、みなみセンセのエロコメでした。そう、いつものお気楽超展開BLです。最初にコレをUPするのは、一番適当に書けるから。聴く前に原作の感想を教えてくれた方曰く、「なんか問題発生→エロスで解決→エロスな展開→エロスで終わる→おまけにちょっとエロス」。まさにその通りの展開でした(笑) さすが、ナンバ(ry と張るだけはあります。本編のほか、笹沼さん×元気の番外編が一編。


■危険な保険医カウンセラー
 1カ月前、倉橋涼(千尋)は片想いのクラスメート・悟志(平川)にキスをした。悟志(平川)にとって、自分は特別な存在に思えて、だから、ふざけた振りでしたキスなら、笑って許してもらえると思っていたのだ――。

 突然、頭の上から降ってきた花瓶の水。それをこぼしたのは、保健医兼カウンセラーの橘(遊佐)。濡れた衣服の始末とお詫びにと呼ばれるままに、涼(千尋)は保健室へと向かう。気が付いたら、なぜか橘(遊佐)に押し倒されていた。
 こんなことになった事の発端は、悟志(平川)へのキス。翌日には、そのことがクラス中の噂になっていて、涼(千尋)はクラスで孤立気味に。ひっきりなしの陰口もそれなりに堪えていて、そろそろ限界になっていたところだった。
 橘(遊佐)に優しい声をかけられたのはそんな時。なりゆきで悩みを打ち明けたら、橘(遊佐)は、「自分で泣けないなら、俺が思い切り泣かせてやるよ」と言ってきた。確かにその通り啼かされ、それから涼(千尋)は、保健室に行くたびに、橘(遊佐)と関係を持つようになる。

 最初は慰めてもらっているだけのつもりだったのに、いつの間にか、橘(遊佐)との逢瀬に期待している涼(千尋)。曖昧な関係のままそれは続き、そしてある朝、涼(千尋)は悟志(平川)に、橘(遊佐)と付き合っているのかと尋ねられる。
 このまま学校での情事を続ければ、他の生徒にも気付かれてしまうだろう。そう悟志(平川)に忠告され、涼(千尋)は、橘(遊佐)に保健室でするのは止めようと告げる。しかし橘(遊佐)は、関係自体を終わりにしようとあっさり言ってきた。涼(千尋)の方には、橘の部屋に誘ってもらいたいという気持ちがあってのこどだったのに…。

 橘(遊佐)に会わなくなってから10日、涼(千尋)は自分がどれだけ橘が好きだったかに気付く。自分の気持ちを、悩める一生徒として、カウンセラーとしての橘(遊佐)にメールすると、返事はすぐに来た。翌日、涼(千尋)は橘(遊佐)の自宅へと向かう――。

■水の中で君を想うと
 水泳部の藤堂(笹沼)に恋する河合(元気)は悩んでいた。藤堂(笹沼)と一緒にいたいがためだけに入部したはいいが、部で接する間に、藤堂(笹沼)の裸体を見るたびに反応してしまう身体になってしまったのだ。保険医兼カウンセラーの橘(遊佐)に相談するうちに、頭に血を上らせた河合(元気)は、退部届を出すと飛び出していく。しかし、藤堂(笹沼)に退部届のことを追究されて――。



 最初に書いた通り、エロで始まりエロで問題を解決しエロで終わる。そういう話です。ストーリーを語ってもしょうがない。これが遊佐様ちーたんという上級萌えカプじゃなきゃ、有無を言わさずフリスビー。それを押しとどめたちーたんの余りある愛らしさは偉大です。まじで可愛い。
 「俺とエッチしてよ」
 「エッチしたくてしょうがないんです」
なんていう、トンでもBLでしか見られないようなセリフでも、ちーたんが言うとキュンとしてしまうほど可愛いのです。系統で言えば、『Candy Quartz Apartment』の花夜野や『だまされても好きな人』の貴明でしょうか。そして、受けの遊佐さんも素敵なのですが、好みで言えばやはり、やんわり鬼畜な攻め様だと再確認。

 まぁしかし、エロ→いざこざ→エロの繰り返しで話を引っ張れるのは、ある意味感心します。ドラマスタート3分後には、既に涼@ちーたんは包帯で縛り上げられている状態。ハイパーSEも炸裂。無駄なエロ描写に力入れてる感が素晴らしい。例えば


 保健室に生徒が。急いでベッドの下に隠れたが、橘(遊佐)は構わず後ろから突いてくる。声を抑えるのも限界ギリギリなところで、涼(千尋)の願いが通じたかのように、ようやく生徒は出て行った。ホッとした途端、あられもなく声を上げさせられ…。

とかね。ちょこちょこ入れられるイザコザも、どうでも良すぎて入れる意味があるんだか無いんだか。時間調整とか?(笑)
 悟志@平川さんの存在も、実は俺も涼@ちーたんが好きだったんだ!と三角関係に持っていくのかと思いきや、ただのいい人で終わり。絶句感は大きかった。でもいいのです。なぜならちーたんが可愛いから。ちーたんファンの皆様には、敢えてオススメしておきます。


 番外編?の『水の中で君を想うと』も、話の展開は期待してはいけません。「実は俺も好き→即ベッドイン」という、とても“らしい”ハイパーBL。とりあえず楽しむポイントは、恋する相手の水着姿を見て膨らましてはトイレに駆け込む主人公という珍しい設定と、河合@元気の、「前膨らませながら水着付けてなんていられないだろ!」等々の面白セリフ。私は笹沼さんの声だけで萌えられるので問題ありません。むしろ、思いがけない遭遇に幸せになりました(笑)

 フリトのテーマは「高校時代の悩み」。ちーたんは自転車通学が寒くて困ったとか。遊佐さんは、どーしてこんなにサルなんだろうと(笑)。平川さんは身長が止まったこと。元気は授業が眠くてしょうがない。笹沼さんは、悩み無しだそうです。意外に漢ですねwww
スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

>Yuiさん

こんばんは かな? おはようございます に近いですね(笑)

コミック、読んでましたか。手を変え品を変えのエロ展開は、さすがというか(笑)
でも、ちーたんの可愛さで、何でもOKな気分で聴けました。

みなみセンセのエロコメだと、「レンアイアラカルト!」が好きでしたねー。これの笹沼さん×鈴のカプに萌えましたww みなみセンセは攻めの笹沼さんが好きなんですかね、エロエロの受けとか聴いてみたいwww。

どうも(*^o^*)
危険な~は原作持ってたりしますw
ドラマCDも聴いたことあるのですが、相変わらずエロいですよね~(^_^;)
告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。