--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-23

極道はスーツがお好き(原作/中原一也)

極道はスーツがお好き 極道はスーツがお好き
平川大輔/黒田崇矢/浜田賢二/成田剣 (2007/03/23)
LadyBug

この商品の詳細を見る
<CAST>
榎田弘哉(平川大輔)、芦澤祐介(黒田崇矢)
木崎直道(浜田賢二)、諏訪拓也(成田剣)

 色んな意味で、萌えCDでした。極上の平川さんがいらっしゃますw
 お話はというと、中原さんの原作は割と好きな方だと思うのですが、この作品はキャスト買いできる方向けかな。ストーリーに重点置かず、いやらしい黒田さんの言葉攻め、最近とみに艶が増した平川さんの受けぶりをお楽しみ頂くのが良いかと思われます。


 「テーラー・えのきだ」のオーナー榎田弘哉(平川)は、元店員から被せられた2000万の借金をネタに、ヤクザの若頭・芦澤祐介(黒田)から賭けを迫られていた。芦澤の気に入るスーツを作れば、借金は帳消し。ただしそれは、スーツが出来上がるまで、芦澤の愛人を務めるというオプション付きだ。芦澤(黒田)が言い渡した返済期間は一週間。弘哉(平川)は金の工面に奔走するが、どうにもならず、結局、仕立て&愛人契約を受け入れた。
 芦澤(黒田)は、時々店にやってきたが、生地選びも採寸もさせず、ただ身体を弄ぶだけ。芦澤(黒田)の片腕・木崎(浜田)に手伝わせることもあった。

 ある日、呼び出しに応じてマンションに行くと、待っていたのは、弁護士だという諏訪(成田)とバスローブ姿の芦澤(黒田)。呼ばれた理由は、諏訪(成田)のスーツを仕立てるためだった。諏訪(成田)は、自分は芦澤のセフレだと、あっさり言った。
 その後、諏訪(成田)から芦澤(黒田)の過去を聞かされる。かつて愛した女性が、自分を追って夜の世界に入った揚げ句、薬物過剰摂取で亡くなったと。弘哉(平川)は、その彼女に似ているところがあるのだと。

 しばらくして、諏訪(成田)から、黒田が逮捕されたと連絡が入る。組内の裏切り者に陥れられたという。接見に行った日の夜、木崎(浜田)が突然、店に姿を現した。弘哉(平川)に銃を突き付ける木崎(浜田)。裏切り者は木崎(浜田)だったのだ。諏訪から聞かされた黒田のかつての恋人は、木崎の妹。木崎は、妹の復讐のため、芦澤(黒田)に近付いたのだった。弘哉(平川)を拉致して3日、ようやく木崎(浜田)から連絡が入る。

 木崎(浜田)の要求通り、芦澤(黒田)は単身、指定の場所へと向かう。自分から妹を奪った芦澤に同じ苦しみを味わわせるため、縛り上げた芦澤の前で、弘哉(平川)を汚し、殺そうとする。
 改めて芦澤(黒田)に照準を定めた木崎(浜田)に、殺さないでくれと懇願する弘哉(平川)。その姿に妹の姿を見た木崎(浜田)は、嗚咽をこぼし、銃弾を撃ち尽くした――。



 大変面白い1枚でございました。VシネBLのジャンルを確立してもいいんじゃないだろうか。Vシネちっくなセリフ満載、そして、突っ込み所だらけなところも良い。キャストは本当に4人だけでしたが、このキャスティングもまた最高。芦澤が黒田さんでなければ、素直に聞けなかったかもしれません。黒田マジック?
 Vシネもどき&黒田さん。逆にこの2つが来ていなかったら、この素晴らしきBL展開は、タイミング的にちょっと厳しい聞き方をしていたかもしれません (このCDを聞く少し前に、ちょうど水原とほる著『夏陰-Cain-』『箍冬-Cotoh-』を読んでしまっていたのです…)。

 まず、弘哉@平川。突然ヤクザに愛人契約持ちかけられと、パッと聞けば不憫ではあるんですけど、なんと言うこともない。最初から黒田さんにクラッときています。
「野性的で官能的なオーデコロンが鼻をかすめ、それがスーツ地と混じると、なんだか危険な香りが…」とか言っちゃってますからね。

 また、無理矢理、媚薬使われてヤられたことなんて忘れてしまったかのように、時を置く間もなく好意的に。芦澤@黒田に、記事選びも採寸にも来ないことをちょっと拗ね気味に責めてみたり、日本におけるテーラードの歴史を嬉々として語ったり(笑) 芦澤@黒田が2週間だれともやってないからって、そんなことにポウッとなってはいかんでしょう。ワルっぽい男に出逢った途端、少女マンガのごとく恋におちた乙女のようです。

 お相手の芦澤@黒田には、登場からやばいものを感じていました。ねちっこく、優しく。黒田さんのお声は、弘哉@平川じゃなくったってクラクラきます。

 「スーツが一着仕上がるまでに、男の味をたっぷり教えてやるよ」
 「自分の男の名前くらい、覚えておけ…フッ」(フッ…とは言ってませんがそんな感じ)

なんてことを宣うわけです。そりゃもうねぇ。屈辱に顔を歪ませる(たぶん)弘哉@平川に対して、
「お へ ん じ は ?」とかねー。ニヤニヤしながらいたぶってる様が目に浮かびます。
うわぁ楽しそうw
 そうそう。「男のナニを…」って(笑) 「ナニ」なんて単語、主にBLで良く目にはしますが、音で聞くことはそうないですよね。実際に聞くと笑えます。黒田さんのセリフ一言一言が響くのですよ。笑ってしまうのは、無駄に腰くだけボイス過ぎるからでしょうか。それら素敵なセリフ群は、南條晃司@BRONZEと張りますね。その一端がこちら。

 「そのままゆっくりと俺に座れ。前も可愛がってやる」
 「動いてないのに、下の口がキュンキュンいってるぞ」
 「俺のはまだ、お前を食い足りないって言ってるぞ」
 「俺の姿を見て、濡れたんじゃないのか?」

どーですか。「ぞ」がポイントです。これ、人によっては鳥肌なセリフでしょうけど、黒田さんなら許せる気がしませんか? 私だけ?(笑) 黒田さんの演技や声はクセが強いので、苦手な方は苦手かと思いますが、自分にはツボ。どのくらいかと言うと、イベント限定販売の『黒田崇矢SPECIAL VOICE CD~君に捧げる…内緒の話~』なるCDを買ってしまうくらいには、です。1枚まるまる黒田崇矢。オリジナルショートドラマに加え、PCの設定ボイスも入ってますw

 話が逸れました。そして、すごい美形弁護士のナリケンさん登場。なんと黒田さんのセフレですよ! 諏訪@成田のスーツを仕立てるという名目で弘哉@平川を呼び立てた芦澤@黒田は、弘哉@平川を見せびらかすだけして、すぐに出かけてしまいます。車中移動で2人が交わす会話。

諏「だって、私とはもう、遊んでくれる気はないみたいだし…。昨日からコレが欲しくてね。
 激しく攻められたい気分なんですよ」
芦「男を銜えずにはいられない、淫乱め。気が向いたら抱いてやろう」

 むしろそっちを聞かせてくれと思ったのは、自分だけではないはず。ひたすら濃そうだ。聞きたい。番外編でぜひお願いします先生。
 ナリケンさんの、ねちっこくいやらしい…て黒田さんと一緒のこと言ってますね(笑) 粘り度では成田さんの方が上ですw
「激しく攻められたいんだ」って、『ビッグガンを持つ男』のどちらかでもでも言っていましたね。成田さんが言うと、どうしてこうも笑えるのか(笑) (全く関係ないですが、月末発売のナリケンさん受けCD『恋愛操作』が、ますます楽しみでしょうがなくなりました、早く届け!)

 ともすれば、萌えだけで突っ走ってしまいそうなこの話を、引き締めてくれていたのは、木崎役の浜田さん。感情を抑えた腹心としての演技から、復讐を明らかにした後の感情剥き出しの演技への移りは、聞き応えがありました。心を押し殺したストイックな感じの浜田さん、萌えますねぇ。『サウダージ 前編』ではどんな攻めをやっているんでしょう。スルーする気でいましたが、こちらも聞きたい度がグンと上がってしまいました。

 突っ込みたいところは多々ありますが、そのうち1~2つを。

木崎@浜田は、芦澤@黒田の前で、弘哉@平川に口でさせるんですが、こういう場合、それはあり得ないと思うんですよね。急所を相手の口に…なんて危険すぎるでしょう。拘束して後ろ手に無理矢理突っ込むなどが、常套手段じゃないでしょうか。弘哉@平川が木崎@浜田の哀しみに打たれ、素直に従うだろうというのが前提というのもおかしいですし。

芦澤@黒田に、淫らに喘がされ、「いつからこんないやらしい躰になてしまったのか…」と弘哉@平川。最初からでしょ!

 こんなこと言っていますが、このCDとても好きです。黒田さんばかりにかまってしまいましたが、濡れ場は何回かあって、平川さんの艶っぽさはたまりません。練習しているんじゃないかと思うぐらいに、喘ぎ方は日々上達していて、煩悩直撃。平川さんの受けCDは、せめて15禁にした方がいいんじゃないかと思うぐらい、素敵ですw

 もう一つ大切なことを忘れていました。このCDでは、にょー道プレイがあるのです(大切かソレ 笑)。ジェルと綿棒を使い、前から後ろから攻め立てるちというわけです。普通前と言えば、そのモノ自身を指すものでしょうが、ココでの“前”は穴。なるほどね。どっちのあ…。すみません下品で。

 フリトは、お手洗いに行ったナリケンさんを置いて、平川・黒田・浜田のお3方で始めてしまいました。黒田さん、平川さんは昔から好みだとかラブコール。
「相手役が平川ちゃん。このまま愛せばいいじゃん。ずっとタイプだったから。
 今まで告れなかったけど」
とか仰っていました。平川さんはそれをニッコリ(たぶんね)受け取り、おまけに黒田さんのことを崇矢さんって呼んでます! いちゃいちゃです。
 1人冷静な浜田さん。それがまた面白かったですww ここにナリケンさんがいたらどうなっていたんだろう。やばーーいフリトになっていたことでしょうが、聞いてみたかったよ。こういうときこそ、ナリケンさん込みのノンカット版座談会を全サCDにしてくださいよレディバグさん。

 全サと言えば、『極道はスーツがお好き』のミニドラマCDがもらえるフェアがあるそうです。内容は、芦澤@黒田×榎田@平川のラブラブ番外編(絡み有り)。

 ■AZ・NOVELS 春のオレ様攻フェア
 対象商品の帯×2枚+1300円の無記名定額為替
 締切:2007年5月31日


1300円…高いよ。それだけならまだしも、オレ様に堕ちたいのに欲しいタイトルが無いよ…。
でもCDは欲しい。どうすりゃいいんだーー!
スポンサーサイト

theme : BL ドラマCD聴きました
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけメッセージを送る

告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。