--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-30

エス-裂罅-(原作/英田サキ)

エス-裂罅- エス―裂罅―
ドラマCD (2007/06/25)
CyberPhase

原作→エス 裂罅(れっか) / 英田 サキ
<CAST>
椎葉昌紀(神谷浩史)、宗近奎吾(小西克幸)、鹿目:中村悠一
篠塚英之(三木眞一郎)、五堂能成(成田剣)、松倉東明(近藤孝行)
吉澤紀里(遠藤綾)、吉澤徳十郎:高田べん、高崎係長:花田光
浅川:高瀬右近、井野瀬雄仁:加藤雅之、犀川:櫛田泰造
佐々木:斉藤隆史、由佳里:鍋井まき子

 シリーズ3作目にして2枚組になりました。重厚でスリリングなドラマ、終始ひたすらシリアス。そして、クライマックスに向け、ゆっくりと気分を高められ…と、聴き応えたっぷり(エロ度はかなり低いけど)。ただ、全4巻の原作のうち、今回収録されたのは、3巻から4巻の冒頭部分まで。続きが出ないなんて許さん!といった流れです。制作はまだ未定とか。そんなこと言わずにサクッと出してぇぇ…。そして、今回心の底から思った。神谷さん大好きだ!

 警視庁の刑事・椎葉(神谷)が、松倉組の若頭補佐である宗近(小西)をエス(刑事の情報源)にしてから、もうどれくらい経つか――。
 椎葉(神谷)は、最近続いて起こった一般人による銃犯罪の捜査で、密造銃の製造元を探っていた。ある日、バーで出会ったクロと名乗る青年(近藤)から、知人が密造銃らしき銃を持っていたと聞かされる。椎葉(神谷)は、その男を探してくれるよう、クロ(近藤)に頼んだ。

more...

スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-28

片翅蝶々(原作/雪代鞠絵)

ドラマCD「片翅蝶々」 ドラマCD「片翅蝶々」
イメージ・アルバム、吉野裕行 他 (2007/06/06)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
<CAST>
雨宮水帆<揚羽>(吉野裕行)、速水一佳(平川大輔)、朝倉智明(遊佐浩二)
翡翠(岸尾大輔)、9歳の水帆(阪田伊都)、禿・色子(立花慎之介)
禿・櫻花廓の男衆・運転手(太田哲治)、遊郭の男衆・酔い客・門番(河野裕)
禿(河杉貴志)、櫻花廓の男衆・酔い客・門番(千々和竜策)

 6月新作が続々出ているのに、視聴済みCDの感想も未聴CDも溜まるばかり。急がないと、7月になってしまいますよ…orz。
 ということで、けっこう前に聴いてウキャーっ!となった『片翅蝶々』。好物の遊郭ものです。エロ天使・平川さんが、今回は低音S攻め。もう1人の黒S客には遊佐さん、先輩遊女にダイサクとなかなかイイ布陣。よっちんが可愛いこちゃん受けということで、大変不安でしたが、よっちんラヴ心でなんとかクリア。個人的には萌えCDでございました。

 没落した華族・雨宮家の借金を負い、男だけの遊郭・櫻花廓へ売られた1人息子の水帆(吉野)。幼い頃に家庭教師をしてくれた“お兄ちゃん”に会いたくて、足抜けしようとしては捕まって折檻…を繰り返していた。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-26

JUNEクロニクル

 2001年、マガジ・マガジン発行の『JUNEクロニクル』を、少し前に中古で手に入れることができました。内容は、こんな感じです。

JUNEクロニクル JUNEクロニクル裏

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-26

サウダージ 前編(原作/華藤えれな)

サウダージ 前編 サウダージ 前編
ドラマCD (2007/05/25)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る
<CAST>
志塚朔弥(鳥海浩輔)、レオン・カナレス・セラーノ(浜田賢二)
志塚幸成(遊佐浩二)、ロベルト・ブランカ・セラーノ(平川大輔)
朔夜の父(青山穣)、店員(木下尚紀)

 いい作りでした。低音帝王ボイスのマフィア×不屈の精神を持った刑事。シリアスかつアダルティ・エロ!(新幹線で聴くにはちょい困るほどに…ww) 後編がすぐにでも聴きたいです。

 刑事の志塚朔弥(鳥海)は、行方不明の兄・幸成(遊佐)を捜すため、アルゼンチンに来ていた。南米系の麻薬密売ルートを捜査中に手に入れた写真に、兄の姿が写っていたのだ。ピアニストを目指していた幸成(遊佐)は、自分との諍いがから家を出て、音楽を勉強すると南米へ発ったきり、音信不通になっていた。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-24

世界の果てで待っていて~天使の傷痕~(原作/高遠琉加)

世界の果てで待っていて 世界の果てで待っていて~天使の傷痕~
(2007/5/25)
CyberPhase

原作→世界の果てで待っていて ~天使の傷痕~ / 高遠 琉加
<CAST>
櫂谷雪人(鳥海浩輔)、黒澤統一郎(黒田崇矢)
葉室奏(坂巻亮祐)、葉室律(下和田裕貴)
水田透(内田大加宏)、黒澤澪子(沢口千恵)
母親(藤原美央子)、オーナー(吉野貴宏)、店員(櫛田泰道)

 大変面白かったです。BLCD的にどうこうではなく、純粋に探偵ものとしてのストーリーが出来ていて良かった。良作のシリーズ第1作目という感じで、先がとても楽しみです。そして、魅惑の黒田ボイスw


 もし残された命があと数カ月だったら――
 普通に生活して眠って美味いコーヒーと酒があればそれでいい。
 そして、最後に、誰かが目の前で、幸せだったと笑ってくれれば、それでいい


 渋谷に探偵事務所を構える黒澤(黒田)の元に、双子の兄・律(下和田)を捜して欲しいと、中学生の少年・奏(坂巻)が依頼に来た。同じ頃、黒澤(黒田)の元同僚で渋谷警察署に勤務する刑事・雪人(鳥海)も事務所を訪れ、奏(坂巻)の顔が、自分が追っているコンビニ強盗事件の目撃者にそっくりだと気付く。ただし、目撃者は長髪でスカートをはいていた。律(下和田)の失踪は、とともに消えた画家・水田(内田)による誘拐事件として、捜査が続けられている。しかし奏(坂巻)は、密かに律(下和田)と連絡を取り合っていた。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-24

BLノベルザクッと感想 水原とほる×6冊

 『夏陰』『箍冬』で水原さんにはまってから、中古で見つけた水原本を買えるだけ買いました。『夏陰』はデビュー作だそうで、知らぬ間にでしたが、デビュー作から読むことができたのは良かった。さすがに痛いと評判なだけはある。主たるテーマは執着愛で、ことごとく好みでございました。
 同じ痛い系作家の木原さんとの違いを端的に言えば、ピアス的ということでしょうか(作家に“鋭い感性とエロスへの探求心”を求めていたピアスには、「全体の1/3以上がリアルな描写のHシーン」という投稿の掟がありました。ピアス的と表現したのは、そういうこと。下記に挙げる6冊にはガッシュもラバーズもあるので、あくまで印象です)。痛さは肉体的>精神的。そして濃い。こういうのに萌えるってのは、病んでいる証拠なんですかねー。
 ということで、水原作品6冊の一言感想+評価。★=1、☆=0.5で換算、最高で★×5。作家として好みなので、評価は甘め。基本的に暴力傾向が強いので、苦手な人はスルーが良いかと思います。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-23

BLノベルザクッと感想 14冊

 ここ2カ月ぐらいで読んだBLノベルズの一言感想+評価を、一気にいきます。いい加減書いていかないと、本当に忘れてしまうので。評価は、★=1、☆=0.5で換算し、最高で★×5。個人的嗜好に基づいたものなので、趣味が合わなかったらごめんなさい。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-21

6月『アニメギガ』ゲスト:緑川光

 見ました。色んな意味でニマニマしてしまい、我ながら気持ち悪かったと思う(笑) 司会のアニメプロデューサーの「なかなかイケメンで~~」という紹介に合わせて動いたカメラに対して、「アップはやめて~」と逃げ腰のミドリン。このとき、思いがシンクロしましたね。ミドリンの色んな意味で尊敬しますし声も好きですが、アップにはしなくていいと思うのです。ええ。
(と言っても、今回は割と見られた気がします。スタイリストさんの腕かしら。ごめんなさいミドリンファンの皆様。こんなこと言ってますが、好きは好きなのです^^;;)

more...

theme : 声優
genre : アニメ・コミック

2007-06-21

少年花嫁2 星と桜の祭り(原作・岡野麻里安)

少年花嫁2 星と桜の祭り 星と桜の祭り~少年花嫁2~
(2007/04/25)
CyberPhase

原作→星と桜の祭り 少年花嫁 / 岡野 麻里安
<CAST>
松浦忍(鈴村健一)、御剣香司(鳥海浩輔)、鏡野綾人(小西克幸)
鏡野継彦(堀内賢雄)、三郎(羽多野渉)、黄泉(中村悠一)
五十嵐浩平(桑原敬一)、片倉優樹(柿原徹也)、桜田門春彦(間島淳司)
天狼(日野聡)、飛天坊(若本規夫)、太郎坊(安元洋貴)
松浦春佳(畠山美和子)、玉川慎之介(高田べん)、戸隠(加藤将之)
狭霧(川崎理恵子)、横山(高瀬右光)、女の子(沼田芙由美)、少女(咲乃藍里)

 ネット砂漠から一旦帰還。その前から聴いていたものも合わせると、4~5月新作をだいぶん消化できました。とりあえずUPできるものから感想を上げていこうと。まずは、いつ聴いたかも忘れた『少年花嫁 2』。
 ようやく物語が動き出し始めた、シリーズ第2巻です。BL的場面はあったのですが、話としてはどちらかと言えばより陰陽系異界ファンタジー方向。むしろドラマCDとして聴いた方が楽しめるんじゃないかと思いました。あらすじは、サイバーさん所のを参考にしつつ。


 女性にしか見えないという呪いをかけられている松浦忍(鈴村)。それが原因なのか、妖魔に襲われることもたびたびだった。その呪いを解くために、退魔を生業とする香道・御剣家の跡取り、香司(鳥海)の婚約者として、御剣家に住み込みをすることになって20日。まるでいじめの厳しい躾と窮屈な家風に耐えられなくなった忍(鈴村)は、ついに家を飛び出した。実家にも戻れず、向かった先は伊豆下田の祖父母の家。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-16

秘めた恋情を貴方に(原作/遠野春日)

RUBY CD COLLECTION 秘めた恋情を貴方に RUBY CD COLLECTION 秘めた恋情を貴方に
イメージ・アルバム、武内健 他 (2007/05/25)
ムービック

この商品の詳細を見る
<CAST>
柚木崎恒(武内健)、櫻庭矩篤(子安武人)、深澤秋保(野島裕史)
ラウル・ヴィルヘルム・ヴィクセル(諏訪部順一)、梶原(西宏子)
櫻庭嘉和(奥田啓人)、櫻庭夫人(重松朋)

 モノローグだらけで淡々と進む、遠野さんらしいしっとりとしたラブストーリーでした。子安さん×武内さんは声の相性が良いですね。ただ難をいえば、可もなく不可もなくの印象が過ぎるかなと。


 もうしばらくは、彼を間近で見ていたい
 彼にとって、最も気を許して付き合える相手が、俺でいられたら嬉しい

 もうしばらくは、付かず離れずの穏やかな関係を保てればいい
 近付き過ぎない位置に立って、彼を見守っていたい

 ただ、それだけを望んでいた――

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-15

6月7月のキャラソンCDラッシュ

昨日戯れ言掲示板で、8月には荒磯+WAのミニアルバムが!!と喜んで書いていましたが、最遊記の新アルバム発売の同日(6/22)には、先にフルアルバムも出るんでした。



でも内容は、新曲ゼロで、既存曲のRemixバージョン2曲、既存曲のソロバージョン2曲。3000円で19曲はオトク感あるし、相当欲しいですが、バージョン違いの4曲以外全てを各アルバムで持っている身としては、速攻で買う気にはならないなぁ…。

more...

theme : 声優
genre : アニメ・コミック

2007-06-14

メモ-5月発売CDまとめ

 6月も中旬なので、5月発売CDのまとめいきます。今月は、レンタルCD(ぽすれん)やお友達にお借りしたタイトルもあり、いつもよりちょっと楽しましたw

more...

theme : 腐女子日記
genre : 日記

2007-06-13

プライスシリーズ1 ふらちな恋のプライス(原作/和泉桂)

ふらちな恋のプライス ふらちな恋のプライス
ドラマCD (2007/05/23)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る
<CAST>
瀧口尚也(福山潤)、桐生行成(川原慶久)、瀧口怜史(神谷浩史)
谷崎駿介(小野大輔)、國領誠一(中村悠一)、振原美香(矢澤喜代美)
鈴木(佐藤晴男)、吉田(間宮康弘)、若い男(代永翼)
幼少の尚也(小林由美子)、伊東(樋口あかり)


 可愛いラブストーリーでした。流れはきっちり王道ですが、デパートが舞台というのは珍しい。萌えもあり、ほんわかとした気持ちにもなれ、とても良かったです。キャスティング力? そして神谷力かなw。考えたら、今月はイイじゅんじゅんにたくさん出会えています。


 同族経営のグループ企業・東都グループ。一族の御曹司で末っ子の・瀧口尚也(福山)は、グループが経営する大手デパートの地下で、ケーキ屋のバイトをしていた。有能で美形、常に周囲に注目される兄・怜史(神谷)と違い、能力的に平凡な尚也(福山)の取り柄は、可愛らしい顔立ちと育ちの良さ、真っ直ぐな性根といったところ。将来デパート経営に携わるだろう兄(神谷)の助けになりたいと、サービス業が向かないのは承知のうえで、デパート勤務を希望していた。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-11

あしたのきみはここにいない(原作/崎谷はるひ)

あしたのきみはここにいない あしたのきみはここにいない
Atis collection
(2007/05/28)

原作→あしたのきみはここにいない / 崎谷はるひ
<CAST>
三尾朝陽(鈴木千尋)、北原史誓(鳥海浩輔)
三尾夕奈(武田華)、辻(河野裕)、東堂(名村幸太朗)
女生徒A(竹田小春)、女生徒B(亀岡真美)

 高校生のちーたんが、鳥さん演じる先生を好きで好きでしょうがなくてグルグルするお話でした。ちーたん好きにはたまらないはず。そして、切ないのにエロス。崎谷さんとちーたんのコンビは素晴らしく良いですね。


 高校3年の三尾(千尋)と日本史教師の北原(鳥海)は、放課後の1時間、鍵をかけた社会科準備室で秘密の時間を過ごしていた。キスをして、快感を得るだけの秘密の遊び。

 きっかけは、1年のときに1人受ける羽目になった放課後の補習授業。表面は優しいくせに、近寄ると冷たく突き放す。でも、自分は特別な何かがあるような気がした。恋を感じたが、うざがされるのが嫌で黙っていた。2年になって、日本史の授業は無くなったが、社会科準備室には時々足を運んだ。そして3年になったある時、もう来ない方がいいとやんわりと拒絶された。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-10

varnish~キレイのサプリ~Vol.1(原作/直江梨緒)

varnish ~キレイのサプリ~ Vol.1 varnish ~キレイのサプリ~ Vol.1
(2007/05/25)
Rio

この商品の詳細を見る
<CAST>
兵庫仁(櫻井孝宏)、宮城潤一(遊佐浩二)、宇都宮孝太(宮田幸季)
安芸祥平(浪川大輔)、加賀毅(東地宏樹)、木更津隆(小山力也)
客1=仁にぞっこん(千葉進歩)、西川光輝=まんまる客(緑川光)

 昨夜は新作・準新作CDを聴きまくりました。1枚目は『バレスタ』系の萌えコメディ第1弾。ストーリー云々を語るタイプの作品ではありませんが、文句なく面白いです。それもそのはず。脚本は、バレスタ、キヨショーの鷹村コージさん。BLファン、声ヲタ女子の皆様には、非常にオススメのシリーズかと思います。1巻はキャラ紹介がてらの内容だったので、設定やお話の流れを以下にザックリと。


 どんな身体的悩みも即解決?するメンズエステ「varnish」。No.1の粗暴系俺様・仁(櫻井)をはじめ、絶対零度の微笑みを振りまくドSの潤一(遊佐)、おバカが売りの孝太(宮田)、天然スマイルのぽややん天使・祥平(浪川)といった美形テクニシャンたちが揃い、彼らをまとめているのが、体育会系の加賀店長(東地)。一癖も二癖もある者たちばかりだが、実のところ一番のトラブルメーカーは、やっかいな客ばかりを拾ってくるオーナーの木更津(小山)だった。

more...

theme : 感想
genre : アニメ・コミック

2007-06-09

夜明けには好きと言って(原作/砂原糖子)

夜明けには好きと言って 夜明けには好きと言って
CyberPhase
(2007/05/30)

原作→夜明けには好きと言って / 砂原 糖子
<CAST>
白坂一葉(福山潤)、黒石篤成(森川智之)、金崎新二(吉野裕行)
大森良平(阪口周平)、片桐京吾(中村悠一)、継母(大野エリ)
アユミ(足立友)、エミ(渡辺智美)、エミの後輩(清和裕子)、
エリ(阪田佳代)、医師(斉藤隆史)、店長(加藤将之)

 原作未読、砂原さん自体もコレが初です。イラストは大好きな絵師さんの金ひかるさん。あらすじ読んだ限りで言えば、ストーリー全体のほの暗く静かという印象も好みで、楽しみにしていた作品でした。一言で言えば、とてもイイじゅんじゅん!! そして、よっちんブーム再来の予感ww


 幼い頃から顔にコンプレックスを持つ一葉(福山)。いじめと侮蔑の中、始終うつむいて生きてきた。成績は良く、銀行に就職できたが、すぐにリストラされ、再就職もできないまま。そんな状況で起きた交通事故により、瀕死の重傷を負った一葉(福山)は、形成手術で顔を変え、新しく生き直すことを決意する。名を捨て、失踪した従兄弟の身分を借り、上京。そして、逆ナン相手から頼まれて足を踏み入れたホストクラブで、ずっと憎んできた相手、黒石(森川)に再会した。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-06

恋愛操作(原作/蓮川愛)

恋愛操作 恋愛操作
ドラマCD (2007/05/30)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る
原作→恋愛操作 / 蓮川 愛
<CAST>
山代啓(成田剣)、奥村喬(小西克幸)、式浩介(神谷浩史)
鷹宮信仁(石川英郎)、吉野亜澄(下野紘)、杉本(松下こみな)
梶(奈良徹)、真子(木村たまき)、クローク(桃良平)

 『耳をすませば~』に続けて聴いてしまったのがいけなかった。お話自体は、取り立てて文句を言う程のことはない働く男もの。注目は成田さん受けということでしょう。おまけに相手は、『はめてやるっ』に続いて2度目の小西さん。
 色々引っ掛かる点だらけだし、正直途中でダレそうになるし、聞き終わってからも何かモヤモヤが残るし、何だかなーて感じだったのですが、あいらさんの萌え設定を拝借して再聴きしたら、萌えがありました。と言っても、文句は多いのでご注意を。



 クールビューティで完璧主義者と評されるインテリアデザイナー・山代啓(成田)に、数々のレストランを手掛ける「JIRI」グループ代表・奥村(小西)から、店舗改装を任せたいとの指名依頼が入った。奥村(小西)の初対面の印象は最悪。女性の上司(?)に向けてキザなセリフをサラッと口にしたかと思うと、自分のことを美人だなどと言う。改装の仕事が終わってからも、私用電話をしょっちゅうかけてくる始末で、山代(成田)は辟易していた。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-05

ブルーサウンドシリーズ3 耳をすませばかすかな海(原作/崎谷はるひ)

ルボーサウンドコレクションドラマCD 耳をすませばかすかな海ドラマCD 耳をすませばかすかな海
イメージ・アルバム、神谷浩史 他 (2007/05/25)

詳細を見る
<CAST>
宮上和輝(鳥海浩輔)、大澤笙惟(神谷浩史)、宮上瀬里(野島健児)
中河原大智(小西克幸)、藤木聖司(鈴木千尋)、林田真雪(松岡由貴)
遠藤(古宮)、和樹の母(森夏姫)、和樹の父(最上嗣生)
クラブの店員(松林大樹)、カフェの店員(高橋研二)


 大好きなブルーサウンドシリーズ第3弾。声を大にして言いたい。この、魔性で女王様な極上誘い受けちゃんな神谷さん。最高で最強です!!!!!
 おおや和美さんの描く笙惟の誘う目は、妖しげで艶やか。本っ当に麗しい。神谷さんの声が違和感なくしっくりピッタリくるのです。
 BL・非BLにかかわらず、神谷さんの出演ドラマCDは全て聴いている自信がありますが、好み度合いNo.1(篠宮薫@鬼の風水 と張りましたが、喋る量が圧倒的に多い分、笙惟の勝ち)! 結局3度も聞いてしまった(笑) 頭冷やしたはずですが、未だにこんな状態なので、桃色電波垂れ流しな感想になるのはどうかお許しを。ついでに、かなり長くなるかと。



 1年前、和輝(鳥海)はクラブでDJをしていた男に声をかけられ、一夜を共にした。驚くほどの美貌と、こめかみに抉れたような傷を持つその男は、綺麗で淫らで、男を抱くのは初めてだった和輝(鳥海)は、ただ翻弄された。“ショウイ”というステージネーム以外、何一つ知らされぬまま、翌朝、金だけ置いて、彼は消えた。その後、再会を願って探したが、結局見つからなかった――。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : 本・雑誌

2007-06-03

嘘つきはだれだ(原作/ユキムラ)

嘘つきはだれだ 嘘つきはだれだ
ケイ・ブックス
(2007/04/28)

原作→嘘つきはだれだ / ユキムラ
<CAST>
小林市太(鈴村健一)、長沢弘(三木眞一郎)、仁(大川透)
小林富士雄(たてかべ和也)、クラスメイト(奈良徹)

 これ以上時間が経つと本当に忘れるので、先にこちらをUP。原作既読です。ドラマティックな展開や、切ないほどの心情描写がウリといった作品ではありませんが、現在と過去を織り交ぜつつ、主人公@鈴のモノローグで淡々と綴っていく描き方が好きでした。CDドラマでもその良さが上手く出ていて◎。


 美容師の市太(鈴村)は、毎朝、長沢弘(三木)の出社姿を見るのが日課だった。弘(三木)は、市太の住むアパートの大家の息子で、幼馴染みで、片想いの相手。かつてはいつも一緒だったのに、今では挨拶を交わすこともない。
 高3の時、クラスメイトとキスをした。初めての男とキス。ただ、知ってみたかったのだ。それを弘(三木)に見られてしまった。「気持ち悪い」そう呟いた弘(三木)は、それから口を聞いてくれない。

more...

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

2007-06-03

こんなキャラがツボです☆バトン!!

 『耳をすませばかすかな海』を聴きました。いやもうね、神谷さんが麗しすぎて死ぬかと思いました。BLCDオブジイヤー2007のベスト1。今の所。感想はもう1度聴いてからにしたいので、萌えが充分に満たされたところで、あいさんからぶん奪らせて頂いた萌えキャラバトンをやろうと思います。
私、腐方向の萌えツボはかなりはっきりしている方だと思うので、サクサク行けそう。

more...

theme : 腐女子日記
genre : 日記

2007-06-02

そして恋がはじまる(原作/月村奎)

Chara CDコレクション そして恋がはじまる Chara CDコレクション そして恋がはじまる
イメージ・アルバム、宮崎一成 他 (2003/06/28)
ムービック

この商品の詳細を見る
<CAST>
田村未樹(宮崎一成)、浅海佳久(八戸優)、飯田(遊佐浩二)
加賀谷滋(千葉進歩)、姉・まなか(今井麻美)、田村の父(河本邦弘)
田村の母(青山桐子)、実母・理佐子(出口佳代)
石川沙也加(木川絵理子)、浅海の先輩(小野大輔)


 神谷さん新作への欲求を押さえ込み、1日遅れで宮崎さんバースデーのお祝い聴きをしました。大好きな作品です。とにかくもう、宮崎さんが可愛くて可愛くて可愛くてしょうがない。ストーリーは、受けサイドのモノローグで進みます。宮崎さんの消え入りそうな囁きボイスは、それだけで脳髄直撃なのに、終始喋りっぱなしなのです!
 八戸さん×宮崎さんのカプは、一言で言うと“優しい×ふわふわ”。大人げない表現をすると「゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*」な感じw


 高校2年生の田村未樹(宮崎)は、子供の頃からいい子で通ってきた。幼い頃に父が亡くなり、まだ若かった母は(出口)、未樹(宮崎)を伯母夫妻に預けて働きに出る。最初は両家を行き来していたが、結局、未樹(宮崎)は伯母夫婦の養子になった。そんな環境が、未樹(宮崎)を、いつも周囲の顔色をうかがい、人に嫌われないよう気を遣う子供にした。

 冷えた空気の中、手摺りにもたれて煙草を吸う。そこに声をかけてきたのが、司法書士の浅海(八戸)だ。たわいない会話を交わすうちに、未樹(宮崎)は浅海(八戸)の所へ通うようになった。浅海(八戸)は、自分の中の嫌いな部分を「とても好きだ」と言ってくれる。ある時、浅海(八戸)がゲイであることを知る。それでも、不快感は湧かなかった。

more...

theme : BL ドラマCD聴きました
genre : 本・雑誌

2007-06-01

生意気な遺伝子~Long Version~(原作/有栖川ケイ)

生意気な遺伝子 生意気な遺伝子~Long Version~
ワンダーファーム
(2007/05/15)
<CAST>
生沢真琴(鈴村健一)、連城聡史(中原茂)
藤崎和哉(寺島拓篤)、襟川由樹(井上和彦)
森本要(羽多野渉)、岡田リエ(水落幸子)
香坂明彦(黒田崇矢)、森本母(大鐘則子)
女生徒(塙愛美・千代田友葉・大倉彩)
男子生徒(渡邉太一・小澤豊・上岡徹也)

 鬼畜高校男子×美人教師、鬼畜教師×秀才君という2パターンの鬼畜攻めが楽しめます。井上さんの鬼畜って珍しい気がする。どちらもイイ鬼畜でございました。お話の内容自体は何ということもないBL的学園ラブですが、“盗撮マニアでストーカーで同性愛者の美人教師”というキャラ設定とキャスティングの妙で、萌えCD決定。以下、ザックリあらすじ。記憶で書くので、妄想入ってたらすみません。


 化学教師・蓮城(中原)の抜き打ちテストで、生沢(鈴村)は藤崎(寺島)に強要していたカンニングを見つかった。科学準備室に呼び出された生沢(鈴村)はそこで、蓮城(中原)が撮り貯めた写真を発見。箱いっぱいに入っていたのは、自分を盗み撮りしたものだった。その事実を突き付けられて怯える蓮城(中原)の顔を見た生沢(鈴村)は、黙っておいてやるからと、躰に手を駆ける。それ以降、生沢(鈴村)は事ある毎に科学室を訪れ、蓮城(中原)を抱くようになった。

more...

theme : BL ドラマCD聴きました
genre : 本・雑誌

告知・メッセージ...etc

切り替えメニュー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
最近の記事+コメント
ブログ内検索
気に入って頂けたら...

3月発売タイトル
戯れ言の覚え書き
本とかTVとか日々の雑記
[[ こちらから ]]
(別窓が開きます)
リンク

このブログをBlogPeopleへ登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

全記事(数)表示
クリックでタイトルを一覧
メールフォーム
何かあったらぜひ。喜びますv

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロともリストに追加する

BLCD Trackbacks

神谷浩史アイテムいろいろ

野島健児アイテムいろいろ

鈴木千尋アイテムいろいろ

YouTubeSS
developed by 遊ぶブログ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。